腕時計の格付けを一発で把握!自分に合った腕時計を探そう

当ページのリンクには広告が含まれています。
コワタリ

どうもこんにちは、コワタリです。

本記事の内容
  • 自分に合った腕時計を探したい
  • 自分の腕時計のブランドがどいった立ち位置なのかを知りたい
  • おすすめの腕時計のブランドを知りたい

この記事ではこの様な疑問に答えます。


今回は「腕時計のブランド格付けポジショニングマップ」を紹介します。

数年前に話題となったこちらのポジショニングマップ。現在においても腕時計を購入する際には非常に参考になるものだと言えるでしょう。

ランキングではなく、あくまでどんな系統に属するかの配置図(ポジショニングマップ)となっているので非常に興味深いです。

腕時計の購入を検討している方は、自分の趣味趣向に合う時計を見つけるために是非参考にしてみてください。

目次

腕時計ブランド別ポジショニングマップ

出典:http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/51085455.html

では、腕時計の格付けポジションングマップをチェックしてみましょう。

この表の見方ですが、縦軸が高級ブランドを表す軸で、横軸はブランド力です。

つまり、

  • 右上に行くほど超高級かつハイブランドの時計
  • 左下に行くほどリーズナブルで気取らずに使える時計
  • 右下に行くほどブランド力があるコスパのいい時計

ということになります。

ここで言うブランド力は知名度やカッコ良さ、人気度合いから総合的に判断されているようです。

世界5大時計と言われる、

  • パティック・フィリップス
  • ヴァシュロンコンスタンタン
  • オーデマ・ピゲ
  • A.ランゲ&ゾーネ
  • プレゲ

これらは問答無用の右上固定ですね。

また、6大時計として名を連ねる事もある「ジャガー・ルクルト」も5大時計の近くに位置しています。日本人に人気の「ロレックス」もブランド力は間違いなくトップクラス。

おすすめの腕時計をピックアップ

私が気になる腕時計をいくつかピックアップして紹介します。

「時計に詳しくないけど腕時計の購入を検討している」と言った方は是非参考にしてみてください。

※あくまで独断と偏見で紹介していますのでご了承ください

ROLEX(ロレックス)

出典:公式サイト

言わずと知れた国民的人気腕時計のロレックス。素人から玄人まで幅広い層に支持されている腕時計です。

私も独立して間もない20代の頃、真っ先に購入してキャバクラに入り浸った記憶があります笑

「エクスプローラー」や「サブマリーナ」、最上級モデルの「デイトナ」など人気モデルが多数ラインナップされており、市場で値崩れしにくいという点も不動の人気を誇る理由の一つ。

近年では新品に限らず、中古市場においても人気のため品薄と価格高騰が続いています。中国人の爆買いにより購入時の何倍もの価格になったという話しも見聞きしますね。

時計に詳しくない女性からも、

あ、ロレックス!すごーい!高いんでしょー?

と話題になり、一目置かれることは間違いありません。

Zenith(ゼニス)

出典:公式サイト

人気モデル「エルプリメロ」は、文字盤から覗かせるムーブメント(機械部分)が特徴的。この構造に惹かれて虜になった人も多いのでは?というぐらい機械好きの男性にはたまらない腕時計です。

ただし、女性からの知名度はそこまで高くないので、その点は注意が必要。

モテる腕時計という観点から言うと、一般的な女性には「なんだか高そうな時計をしてるけど、わかんなーい」という印象を持たれる事が多い印象です。

Grand Seiko(グランドセイコー)

出典:公式サイト

セイコーと聞いて侮ること事なかれ。

日本が誇る腕時計メーカーであるSeikoの英知のすべてが詰まった最上位モデル、それが「Grand Seiko」なのです。

文字盤に書かれた「GS」のロゴがなんとも美しい。

写真からも分かる通り、非常にシンプルかつ美しいのが特徴。スペックや一つ一つの作りに対するこだわりが他の高級時計にまったく引けを取っていない代物です。

最近ではメジャーリーガーの大谷翔平選手が購入したことでも話題になりました。

一見シンプルで見過ごされそうな時計ですが、こういったポイントに気づいてくれる女性がいたら素敵ですよね。

スマートウォッチ

出典:Amazon.co.jp

機能豊富なスマートウォッチはここまでに紹介した時計とは全くの別枠。

女性ウケという面に関して言うと、見栄を張って高級時計を買わなくても、何となく成り立ってしまうというのがよいところ。

日常の様々なシーンで使えるデザインやカラーバリエーションが揃っており、特にシリコンベルトの商品はアクティブに動く男性にぴったりです。

コワタリ

Amazonでもかなりの種類が取り扱われていますね。

最後に

以上、腕時計のブランド格付けポジショニングマップの解説と、筆者おすすめの腕時計をご紹介しました。

一昔前までは「高級ブランド=モテる」という図式がありましたが、現在ではスマートウォッチの利用者が増え、その人のイメージやライフスタイルに合った腕時計が女性の高評価に繋がる流れが来ています。

その辺も踏まえ、是非この表を活用し、自分にあった腕時計を探してみてください。

また機会があればおすすめの腕時計を随時更新していきますので、選定にお悩みの方は参考にしていただければ嬉しいです。

目次